軽度認知症リスク検査

株式会社MCBI様の『MCIスクリーニング検査』及び『APOE遺伝子検査』を使用し、軽度認知障害の兆候を調べる検査を実施しています。

当クリニックで採血をするだけの簡単な検査です。結果が出るまでには2~3週間ほどかかります。結果用紙は、医師のアドバイスと共にお返しいたします。

こんな方におすすめします

◆「最近、もの忘れが増えた」など、認知症への不安を抱いている方
◆ 肥満や糖尿病など、生活習慣病の恐れがある方
◆ ご家族の様子が少し変わった気がするような場合
◆ 50歳代以上の方
※対象年齢について 認知症の最大のリスクは「加齢」です。30-40歳代の検査結果については、年齢を加味した解釈が必要です。

MCIスクリーニング検査とは

私たちの体には、アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβペプチドが脳内に蓄積しないよう排除する仕組みやその毒性を弱める仕組みが備わっています。その仕組みにはアポリポタンパク質や、免疫に関わる補体タンパク質、アミロイドβと結合してその作用を抑制するトランスサイレチンなどが関連しています。『MCIスクリーニング検査』とは、これら3つのタンパク質の血中量を測定することでアミロイドβペプチドに対する抵抗力をはかるものです。

APOE遺伝子検査とは

アルツハイマー病や高齢者の認知機能低下に関与する重要な遺伝子のひとつに、APOE遺伝子があります。この遺伝子には3つの型があり、それぞれアミロイドβペプチドへの防御作用の強さが異なります。この検査ではAPOE遺伝子の型を調べることで、認知症を発症するリスクを測定します。

費用のご案内

MCIスクリーニング検査15,000円/回(税別)
APOE遺伝子検査5,000円/回(税別)

※自由診療のため、保険対象外となります。