『腸内環境のスペシャリスト』と呼ばれる田中宏明院長のいるクリニック。便秘や胃腸の症状でお困りの方歓迎!腸内洗浄も実施しています。

経鼻内視鏡経験と腸内洗浄

経鼻内視鏡経験と腸内洗浄

治療不要な人が9割!?

福岡市ではじめて経鼻内視鏡を導入してから20ヶ月が過ぎました。
当初は、従来の胃カメラと比べていかに楽か、患者さまよりも医師の方が驚いていましたが、800症例を過ぎる頃から、経鼻内視鏡にも様々な技術が必要なことがわかってきました。
平成17年2月と7月のテレビ取材では、「100人中5人弱は入らない場合がある」と言いましたが、平成18年春以降、全例成功するようになりました。
これまでに検査した1200人超うち、手術や一定期間の内服が必要な病気(胃癌1.7%、胃、十二指腸潰瘍3.6%、びらん性胃炎、逆流性食道炎4.4%)の合計は約1割。
残りの9割は、短期間の内服や経過観察で十分な良性ポリープや年齢相応の胃炎、もしくは正常所見でした。

「来てよかった」と思える胃カメラ

胃カメラの結果、病名がわかると治療方針も決まるので、医師、患者双方で納得がいきます。
でもそれは、1割の方々のみ。
医師にとっての仕事は、残りの9割の方々(検診目的の方は除く)に満足のいく説明と治療ができるかどうか、だと思います。
当院で検査を希望された理由の大半は、「過去の胃カメラが苦しかった」、「初めてなので経鼻内視鏡を」ですが、「胃が悪いので胃カメラをした。軽い胃炎と言われて薬をもらったけれどよくならない」という訴えがとても多いのが気になります。

「口から肛門」を「管」と考える

近年、このような方が急増しているのを背景に、検査で異常がないのに、消火器症状が続く病態に対して、機能性ディスペプシア(FD)、非びらん性胃食道逆流症(NERD)などの概念が広まってきました。
食物を胃から排出するのに時間がかかる為に起こる病気で、消化管活動調節薬やストレス緩和薬による治療が提唱されています。
ところが、外来で実際に診ているとこれらの薬だけで改善する方は一部のようです。
なにか解決方法はないのでしょうか?

前述の「胃カメラで異常なしと診断された9割の方々」を思い出してください。ここに治療が奏功しないFDやNERDが含まれています。
「異常なし」というのは、癌や潰瘍など粘膜異常がないという意味です。
ところが、「9割の方々によい治療を」という視点から検査すると、正常粘膜でも胆汁が多量に逆流した所見があれば、治療につながる異常といえます。
これは大腸以下の通過不良を示唆しているので、「便秘はない」という場合でも問診すると「出ているが不十分」と答えることが多いのは、日常茶飯事です。
ちなみに、FDやNERDの診断基準に通便のことは考慮されていません。
また、胃カメラをする前に慎重に診察すれば、舌の所見や口臭、体臭(年齢、性別で傾向あり)、口内炎ができやすい、お腹が冷たい、などである程度診断がつくのです。
食べ物は口から入って肛門から出ます。
胃や大腸はその通過路の一部に過ぎず、それぞれが独立して動くと考えるほうに無理があるのです。

「胃」を治すには下流の大腸から!

最近、新谷弘実先生の『病気にならない生き方』という本がベストセラーになりました。
私も20年前に福岡の料亭でご一緒したことがあります。
新谷先生提唱のライフスタイルを実現するにはなかなか厳しいのですが、「まだ病気でない方をどう守るか」を重視した視点は、癌や潰瘍などの病気にターゲットを絞った日本の胃腸科学とは一線を画しており、共感できるところが多いのです。
大腸カメラは工夫次第できつい検査ではありません。
検査後は腸管がきれいになるので、腸内環境を整備する絶好のチャンスです。
実際、当院で検査された方に伺うと8割以上は「体調がよくなった」と答えられます。
保険の関係で大腸カメラができるのは、年1~2回。
これを補う目的で、当院では腸洗浄(コロンクレンジング)を導入しています。
自費診療になりますが、大腸検査の自己負担分+α(1万円以下)で楽に便を出すことで、理想的な毒だし(デトックス)を成功させ、病気予防に役立てていただければ幸いです。

読み物

お気軽にお問い合わせください。 TEL 092-864-0007 受付時間は診療時間と同じです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読み物

診療時間変更・休診

下のカレンダーに表示できない、臨時の診療スケジュール変更についてはこちらをご覧ください。

緑⇒午前・午後診療 オレンジ⇒午前中のみ ピンク⇒休診日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31  

サイト内検索

推薦商品:ベリラクト

田中院長開発 腸活応援サプリメント・ベリラクト

田中宏明院長が開発を手掛けたサプリメントです

  • facebook