「異常なし」に納得していますか?

かぜやインフルエンザが一段落し、季節が和らいでくる、今日この頃。
以前からの体調不良を心配したり、からだの総合チェックを希望される方が増えてきました。

「この際、いろいろ調べてください」と来院されるのですが、気になることが1つ。
「これまでにもいろいろ調べてもらったけど、異常ない、としか言われません」
…こんな訴えで来院される方が多いんです。

確かに「異常がない」のはいいことです。
でも、自分なりに症状があって受診しているのに、主治医から「どこも異常なし」と言われてしまう。
喜んでいいような、でもやはり納得がいかないような感じになることがありませんか?
その気持ちを理解するために、考え方を別角度からせめてみましょう。
次の投稿で解説します。