今回のお題はクスリ。
日本人は一般にクスリ好きといわれます。
「ンなこたなか」という方が、「ものスゴよかげな」と高価な健康食品を他人に勧めたり、なんてこともあるようです。
「健康になりたい、病気から逃れたい」という気持ちと、「こげん高いとやから、効かんはずはなかろう」という自己弁護があいまって、サイフの紐を緩めさせるでしょう。
突き詰めれば、「金は払うたとやけん、どげんかしてくれ」という他力本願なンでしょうけど。
さて、本題に戻りましょう。
「おかげでこのごろ調子はようなりましたけど、薬はこのままずっとのまナいかんとでしょうか?」
高血圧や不整脈などで受診された方から、こんな具合に尋ねられることがあります。
長期にわたってクスリをのんでいると、通院も面倒だし、中には親切心で「そげん、薬ばっかりのみよったら副作用やら出るげなよ」と忠告(?)してくださる方も出てくることでしょう。

さて、ずっと飲み続けなければならないのか。ボクの答えはこうです。
「診察の結果に応じて、クスリを調節していきます。中には、卒業できるクスリも出てくるでしょう。でも、今のよい体調がクスリのおかげ、というのも忘れないでくださいね」
そう聞くと、「じゃ、ずっとクスリから離れられんとかいな?」という風に思われるかもしれません。
なるほど、そんな気持ちになるのもわかりますが、ここは、こんな風にとらえてみてください。
「薬は松葉づえのようなもの」

次の投稿へ続きます。