楽な検査で癌早期発見を継続!

「検査が楽」というメリットは、「画像が多少粗い」という欠点を補って余りあると考えています。
なぜならば、「胃カメラはこりごり」という気になれば、そこで癌早期発見の道が絶たれますが、楽な検査なら「あれならまた来年受けてもいいね」となって、癌早期発見のチャンスが続くことになります。

楽な胃カメラのコツは「嘔吐」

とはいえ、緊張しやすい方は経鼻内視鏡でもパニックになることがあります。
緊張すると人間は域を吐くのを忘れます。これでは息を吸おうにも吸えないので、パニックに陥るのです。
そんなときは、まず大きく息を吐く。
ローソクの炎を揺らし続けるイメージで長く息を切ると、意識せずとも新鮮な空気が肺を満たして楽になります。
「息を吐く」のは、からだと心を健康に保つ秘訣でもあるのです。