腸内洗浄の役割・当クリニックへ導入するに至った経緯

海外でコロンハイドロセラピーと呼ばれている腸内洗浄は、腸に蓄積された排泄物と有毒物質を除去するために大腸を洗浄する療法です。これによって、偏った食事や食べすぎ、飲みすぎ、ストレス、過労、加齢など、さまざまな原因で乱れた腸内細菌のバランスを取り戻すことができます。日本でも主に美容外科などの医療機関で行われています。

導入のきっかけは、「大腸カメラをしたあとはしばらく体調がいい」という、患者様のお声でした。最初は、「いくら大腸が空になっても数時間後には食物残渣で汚れるから腸内洗浄の効果も一時的」と懐疑的でしたが、「便が十分に出きっていない方の大腸に現れる変化と、数多くの病気(と、その予備軍)には、密接な関係がある」ことを、連日行っている大腸検査の経験から実感することが多くなったのです。

これまで、コロンハイドロセラピー(大腸洗浄)というと、エステや美容上のメリットばかりが強調されすぎていましたが、当クリニックでは、胃、大腸精査をしている医師の立場から、大腸洗浄を皆さまに提案することにしました。単なるエステの手段を超え、皆さまのこれからの健康を守るひとつの手段として、腸内洗浄をおすすめしていこうと思うのです。

腸の健康は、あなたの身体全体の健康(若返り)にとって不可欠です。特に女性の場合、すぐに肌がいきいきとよみがえるのを体感されることでしょう。
日本人の食事内容は、急速な生活習慣の洋風化とともに、魚から肉へ、ご飯からパン、メン類へと大きく変わりました。特に、増加の度合いが大きい乳脂肪や加工食品には、日本人の遺伝子が悲鳴をあげています。これらの食物がふんだんに入手できる今だからこそ、知らないうちに偏った食生活となり、重大な健康被害に結びつくことがあるのです。 
 
 
★当クリニックの腸内洗浄のご案内も合わせてお読みください。★

☆腸内洗浄の後は田中院長開発の腸活応援サプリメント・ベリラクトで善い腸内環境をキープ!☆