苦しいときは息を吐く

胃カメラがきつい理由は喉が痛いからではありません。
検査後に喉が痛むなら挿入技術に問題があります。一番の理由は、カメラが喉に入ると「息ができない」と錯覚してパニックになってしまうことなのです。水中で溺れそうになる恐怖と似ているかもしれません。

検査前に緊張が強いと無意識に息を吸い込むので、肺は空気でいっぱい。 パニックになると更に息を吸おうとしますが、これは無理というもの。窒息パニックは加速する一方です。

そんなときは、まず大きく息を吐く。力が抜けて肩が動くくらい長く大きく吐きます。すると新鮮な空気が自然に入ってきて楽になるのです。「息を吐く」のは、からだと心を健康に保つ秘訣です。歌之助師匠も言ってますよ。 「息を吐かない人は儚い(はかない)人生を送る!」ってね。