週刊誌などでも病院を特集した記事が掲載されますね。
「病院ランキング」なるものも登場し、人気があるようです。

手術や検査の最新技術と、熟練の腕を持つ医師。
従来は見逃されていた病気が発見、治療されるのは福音。
でも、病気が見つかるのはほんの一部であり、大半の方は異常なしのはずです。
自覚症状なしに受ける検診ならば、それで満足…でいいでしょう。
ですが、症状があって受診した場合はどうですか?
「検査で異常なしだから気のせい」と言われて終わり。
これでは納得がいかないのではないでしょうか。

「胃が重い」から胃カメラをしたけど、異常なしと言われただけ。
このような内容は、当クリニックでも本当に『よく聞く話』です。
受診の目的は治る為であり、検査が目的ではなかったはず。
「検査して異常がない」ときこそ、「いかにして症状改善という満足を差し上げられるか」。
これも医師の仕事の1つだと思います。

今一度、考えてみてください。
あなたは何の為に病院を受診したのでしょうか?