院長 田中宏明コラム

田中宏明クリニックは遠方から車を運転して来院される方が少なくありません。

その場合は大腸カメラでも鎮静剤や痛み止めを使えません。場合によっては、飲酒運転よりもひどい事態になる可能性があるからです。

「大腸カメラは寝ている間に終わるから楽だよ」

リクエストがあればそのように致します。
こちらもラクチンです。

でも、全例で鎮静剤を使って大腸カメラをやってると、
「無理をかけない、本当に痛くないカメラ挿入」の技量は
そこで止まる気がしてなりません。

ま、それはともかく・・・嬉しいご感想をいただきました。
こんな大腸カメラもあるのを知っていただけたら幸甚です。

***

5日に大腸内視鏡検査を受けました。
私のお客さまには大腸内視鏡検査を薦めていて自分が受けていない。中々忙しく受ける事が出来ずにいて、初めて受ける内心はドキドキしていました。
それまで受けた方からは凄く痛かったなど聞いていた。
お腹の手術経験や帝王切開などあればまた違うのでしょうが、本当に一切の苦痛もありませんでした。チクリと一瞬の方の注射だけでした。
それと3日前から抗生物質で悪玉菌、善玉菌の除菌、それに大腸内視鏡検査の過程にて乳酸菌を投与して頂き、大腸内視鏡検査をするイメージががらっと変わりました。
あと、大腸内視鏡検査の費用もびっくりです。
なんか大腸内視鏡検査に腸内リフレッシュ更に免疫力UPができアンチエイジングが出来たみたいです。
だから絶対に先生のところで胃と大腸の内視鏡検査だと思いました。
是非、沢山の方に紹介して行きたくなる大腸内視鏡検査でした。

あ、先生から3年は大腸内視鏡検査は大丈夫と言われて、安堵しましたが後で寂しくなりました~(笑)!

これからも宜しくお願い申し上げます。

***

&& 「乳酸菌を投与していただき」 → 免疫組織が集中している回腸末端というところにベリラクトを撒布させていただきました。

2017年7月11日